みんなの未来

  1. 未来新聞®2022年7月7日:世界で最も幸福な街「TONO」に、世界中の国家元首が訪問

    2022年3月26日、ハビネスセンサー測定の結果、遠野が世界でもっと幸福なハピネス・コミュニティーとして認定されたことを受け、世界中の国家元首が次々と東北の小さな町「TONO」に訪れています。

  2. 未来新聞®2022年8月1日:老人ホーム改め、地域サポート拠点に!

    「特別養護老人ホームは、入所した高齢者が安心して暮らせる場としての役割機能もあるが、在宅ケア・地域サポートの拠点としての新たな役割機能も担っていくべきだと思っている。施設は運営側の所有物から地域に開かれ貢献できるような資源の一つとしてもっと活用していけると思う。

  3. んだがら、遠野!

    2016年度の「みんなの未来共創プログラム」では、各企業が考える未来へのムーブメントに対して、共通の「キャッチフレーズ」を制定しました。

  4. 未来新聞®2022年1月11日:折れない心を育む町遠野 子育て世代が住みたい田舎へ

    2022年子育て世代住みたい田舎ランキングで岩手県遠野市が全国7位ベスト10入りを果たした。遠野市は市の面積が約80%が森林を占める自然豊かな町である。そんな遠野市で子育て世代にとって嬉しいサポートがたくさんありここ数年、子育て世代の移住者が増えている。

  5. 未来新聞®2022年3月4日:まるで、学園都市 ~学び創り上げる町~

    岩手県にある遠野市、少し前までは静かな何の変哲もない小さな町が今大きな賑わいを見せている。 賑わいの元は、遠野市宮守町情報ビジネス校跡に開校した遠野市立遠野地域大学だ。

  6. 未来新聞®2022年3月5日:「永遠の日本のふるさと遠野」が「生涯活躍のまち遠野」でも注目!

    2年前に掲載された、岩手県遠野市のケア・グラント(株)(代表取締役:唯是光裕)が行う、くらしのサポートサービス(通称:くらサポ)が、日本商工会連合会が主催する全国経営革新優良企業表彰の大賞に選ばれた。

  7. 未来新聞®2022年10月15日:快挙!遠野市の公共交通システムW受賞

    5年前から始まった遠野市の公共交通システムが功を奏して、65歳以上の高齢者による交通事故件数が日本一少ない町として国土交通大臣表彰と警視長官賞のダブル受賞が決定した。

  8. 未来新聞®2022年5月5日:新たな自分を見つける「天空カフェ」で雲海コーヒーを

      遠野といえば民泊、古民家、遠野物語など原体験できる地方の小都市がある。しかしこの小さな町に先進的で老若男女誰もが楽しめる空間「天空カフェ」が大人気で、社会現象になっている。カフェのホストは地域の素敵なご老人。人生の先輩として訪れた旅行客の人生相談役として一役かっている。

  9. みんなの未来共創プログラム2016「これから」

    2017年3月5日みんなの未来共創プログラム2016は、「最終発表会」を行い、研修としてのスケジュールを終えました。

ページ上部へ戻る